2016/11/09

FACTOTUM Check Pea-Coat


FACTOTUM 
Check Pea-Coat





Pea-Coatとは、厚手ウールで作られた(時々コットンや化学繊維)ダブル前のオーバーコートのこと

をいいます。逸話として良く取り上げられるのは、イギリス海軍が19世紀末から制服として採用し

始めたという話。なぜピーコートだったかというと、甲板の上は風等が強く吹くことがあり、どちら側

から風が吹こうが重ねを変えれば風の侵入を拒むことができるという考えです。納得しますよね。




それから、フランスのブルターニュ地方の漁師が好んで着ていたという話。ブルターニュ地方は、イ

ギリス海峡、ケルト海と大西洋等海に囲まれた場所です。勝手におしゃれなイメージを駆り立てて

しまいます。遠く離れたバスク地方の漁師がバスクシャツを着ていたのですから、海つながりでこ

の地方の漁師達がピーコートの下にバスクシャツを着ていただろうと勝手に想像してしまいます。




ダッフルコート然り、そしてピーコート然り、学生だけではなく社会人たちを含めて、男女問わず

誰もが一度は袖を通したことがあるはず。丈が長くなったり、短くなったり、大きくなったり、細身

になったり、重かったり、軽くなったり、無地だったり、チェック柄だったりと移り変わりはあります。

どなたの世代にもひとつかふたつは思い出が生まれるコートだったなぁと思えるコートです。







ファクトタムのピーコートには


王冠の付いた錨ボタンが使われています。




海の男であれ、陸の男であれ、このコートが


あなたの船出をお待ちしているところです。