2016/09/24

TALSA Type M-65


TALSA
Type M-65






正式には、M-1965 Field Jacket といい

40年以上現役の野戦服と使われていた歴史があります。


M-65というと

マーチン・スコセッシ監督のタクシードライバーを連想する

それくらいインパクトのあったミリタリーウェアなのです。



カモフラージュ柄と同様に、当たり前に誰もが着れる街着になりました。







そして、このM-65はというと、背中が語る、一面に刺繍


vanguardとは、先鋒、前衛


Drum & Bugle Corps(ドラムコーと呼ばれる)とは


打楽器と金管楽器編成の音楽隊。

マーチングバンドとはやや生い立ちが違い、遊びじゃないんだよらしい。


Talsa Soundとは


オクラホマ州のタルサで1950年後半から1960年初頭に生まれた音

規律に則った音楽もたまにはいいのではないでしょうか。

ご興味満々の方はYouTube泳ぎ回ってみてください。




それから、もっともっと文字をプラス、ワッペンをプラスも愉しいので

ちょっとした刺繍でしたら、ご相談にのれるかもしれません。


服に楽しさを求めるのは素敵です。